センター概要

運営

 鉄道国際規格センターの運営方針は、公益財団法人鉄道総合技術研究所の理事会及び評議員会により機関決定がなされますが、鉄道国際規格センターが開催する「企画運営協議会」、「会員連絡会」及び「国際標準化戦略・計画会議」における協議結果を尊重して業務運営が行われます。また、国際規格の具体的な技術内容を検討するための「規格審議委員会」を開催しています。
 「企画運営協議会」は、会員の代表者によって構成される会議で、鉄道国際規格センターの事業計画、事業報告、収支予決算、会員の入退会等について審議を行っています。
 「会員連絡会」は、鉄道国際規格センターの運営について、会員に報告するとともに、同一の事業分野に属する会員相互間の意見交換を行うために開催しています。
 「国際標準化戦略・計画会議」は、会員と国際規格に対する戦略・計画について検討や情報交換を行うために開催しています。その結果に基づき、必要に応じて「鉄道技術標準化調査検討会」に提案・報告を行っています。
 「規格審議委員会」は、 IEC/TC 9国内委員会、ISO/TC 269, SC1, 2, 3国内委員会またはISO/TC 17/SC 15国内委員会 、個々の国際規格の技術内容について審議するために開催しています。

組織

 鉄道国際規格センターの位置付けは次に示すとおりで、センター長のほか27名のスタッフ(2020年3月現在)により運営されています。